食材まとめ買い派?こまめ買い派?

食材の買い方には様々な意見が飛び交っています。
まとめ買い派とこまめ買い派に分かれていますが、どちらが正しいかは中々決められません。
というよりも、どちらの買い方でも節約可能なんですが、どちらの買い方にも落とし穴があります。
その落とし穴にはまってしまうと、節約どころか無駄遣いに繋がってしまうのです。

食材のまとめ買い・こまめ買いの落とし穴は、どちらの買い方もしっかりと計画していないと「買いすぎ」という間違いをしてしまうことがありえるのです。
まとめ買いの場合、安いものをとりあえず片っ端から買い漁ってしまい、気がつけば必要のないものをまとめて買っていたなんてことになりかねません。
逆にこまめ買いの場合は、こまめに必要なものを買わなきゃいけないのに、気づけば余計なものもたくさん買いすぎていたなんてこともあるのです。
以上のようにまとめ買い・こまめ買いにはどちらも「買いすぎ」に気をつけないと節約どころか浪費につながりかねません。

まとめ買い・こまめ買いはどちらも節約としては間違っていません。
しかしながら、きちんと計画することを忘れてしまえば先程のような落とし穴にはまってしまいます。

まとめ買いをなさるのでしたら、必要なものだけをまとめ買いしましょう。
まとめ買いしすぎて冷蔵庫の中がいっぱいになってしまいますと、今度は電気代もかかってしまうことになります。
ですので、最初のうちは3日分くらいから始め、徐々にまとめ買いする日数を伸ばしていきながら必要な量がどれくらいなのかを確かめておきましょう。
そうしないと無駄なものを買いすぎるという間違いをしてしまいかねません。

こまめ買いをなさるのでしたら、その日に買うものをあらかじめ決めてから買い物に行きましょう。
それ以外のものは買わないという強い意志も必要です。
そうすることで、本当に必要な食材のみを毎日買うことが出来るようになってくるはずです。
近年ではスマートフォンアプリなどで各スーパーの価格表などもみれますので、そういった便利なアプリなども駆使してこまめ買いをより充実させていきましょう。