冬の暖房費を抑える鉄則

GUM14_CL10002.jpg暖房費用はエネルギー消費量の4分の1を占めることもあり、家計に負担を与えます。
しかしながら、暖房費用を削ってしまうと命に関わることにもなりかねません。
そのため、安易に使用エネルギーをケチケチするわけにもいきません。
とはいえ、何も改善策がないというわけでもなく、冬の暖房費を抑える方法はいくつもあります。
こちらでは冬の暖房費を抑える方法について説明していきます!

・暖房の設定温度を下げる
エアコンの設定温度は1度下げるだけでも10%ほどの電気代を節約することができます。
そのため、暖房の設定温度をあまり高くしないでおけば結構節約できるのです。
環境省は20度程度を目安としていますが、それでも結構暖かいのでまずは設定温度を下げてみましょう。
また、エアコンはフィルターの掃除をまめに行うことで、より無駄なく使うことができます。
フィルターが汚れているとエアコンをつけていてもなかなか温度が上がらず、エアコン代が無駄になってしまいます。

・カーテンをかえてみる
窓ガラスは冷気を溜め込んでしまい、カーテンが薄手ですと部屋全体が寒く感じられます。
また、暖房で暖めてもカーテンが薄いと、部屋から熱が逃げていってしまうので暖房費が無駄になってしまいます。
そこで、冬場は厚いカーテンに変えてみることで、熱が逃げずに快適に過ごせるのです。
また、窓ガラスに断熱シートを貼ることでさらに効果が高まります。

以上のように、それほど難しくないことを実践するだけでも暖房費は結構節約できるものなのです。
暖房費が節約できれば、家計も改善できますし、冬を快適に過ごせますのでぜひ上記の方法を実践してみましょう!