一般家庭の水道光熱費

GUM14_CL01062.jpg水道光熱費が節約できれば、その分のお金でより生活を豊かにしていくことが可能です。ところで、一般家庭の水道光熱費の平均はいくらくらいなのでしょうか。


総務省の統計によると、2013年の四人世帯家族の平均水道光熱費は25252円となっております。水道光熱費は急激に上がってはいないものの、徐々に上がってきており、2013年の平均額も前年より約400円上昇しています。

400円でも12ヶ月分しはらえば年間で5000円近くの増額ということになり、バカにできません。

水道会社や電気会社などに料金を下げろと抗議しても料金が安くなりませんし、家族の人数を減らすわけにもいきません。ですから、我々は水道光熱費を自分たちで節約していかなければならないのです。


節約していくことで、自分たちの生活をより良いものにしていくことができますし、大切な資源を少しでも守ることに貢献できます。

水道光熱費を節約するためには、まず自分たち家族がどういったことをして水道光熱費の源について可能な限り調べてみましょう。


エアコン代がいくらくらいかかったのか、毎日ガス代はどれくらいかかっているのか、洗濯機でどれくらい水を使ったのかといった方法でまずは水道光熱費の源を確認しましょう。


水道光熱費を節約するといっても、生活に必要な分は確保しておかなければならないのです。
洗濯機やガス、エアコンなどを使う分はきちんと支払わないと生活が破綻してしまいます。
とはいえ、明らかに過剰に使いすぎている部分も水道光熱費の源を確認すればみえてくるはずです。
そういった部分からまずは節約して行ってみましょう!

節約してもどうしても日々の生活費が足りないという方はカードローンの審査基準、在籍確認を徹底解説 | 本審査、仮審査をクリアしてスピードキャッシング!のようなキャッシングポータルサイトの情報を参考に一時的にキャッシングサービスを利用するのもありでしょう。